第50回滋賀県芸術文化祭・第70回滋賀県文学祭記念事業

2020年7月12日

あわうみ若鮎俳句コンクール

    • あわうみ若鮎俳句コンクールは、高校生の皆さんに俳句を作っていただき、それを作品として発表していただくものです。多くの皆さんの応募をお待ちしています。

    兼題

    四季雑詠(四季の動植物、時候、生活など題材は自由です)

    応募資格

    滋賀県内に在住または通学している高校生

    応募

    応募期間:令和2年7月1日(水)~8月31日(月)〔当日消印有効〕

    応募料:無料

    応募数:1人3句まで

    応募作品:他のコンクール・同人誌・新聞等に未発表の、応募者本人による作品に限る

  • 応募方法:
    ◇LINEで応募

    下のQRコードから、『あわうみ若鮎俳句コンクール』LINEアカウントを友だち追加してご応募ください。

     

    あわうみ若鮎俳句コンクールQR

     

    ◇ウェブで応募

    こちらのフォームからご応募ください。

     

    ◇郵送で応募
    応募用紙に必要事項を記入の上、下記住所にご送付ください。

    〒520-0806 大津市打出浜15-1  (公財)びわ湖芸術文化財団  地域創造部 滋賀県文学祭担当宛

     

    注意事項

    ※出品後の訂正はできません。また、応募用紙は返却しません。

    ※記載の個人情報は、結果通知等のご案内に使用します。また、入賞、入選者については、個人情報の一部を配布物、ホームページ等に掲載するほか、報道関係等の関係者へも資料提供することとなりますので、ご承諾の上ご応募ください。

    ※応募作品の著作権は応募者に帰属するものとしますが、主催者は、広報などに必要な場合は、応募作品を使用できるものとします。

    ※記載事項に偽りがある場合や、応募作品が自作の未発表作品でなかった場合は、賞が決定したあとでも入賞を取り消す場合があります。

    若鮎大賞・特選・入選

     選考委員:滋賀文学会・俳句部門理事

     選考結果:令和2年10月下旬。入賞者のみに通知します。

    受賞作品はホームページ等で発表を予定しています。

    ※筆名(ない場合は氏名)・高校名・作品を掲載します。

    表彰式および記念講演会

    ◇日時

    令和2年11月8日(日) 午後1時から
    ◇会場

    滋賀県立図書館 大会議室(大津市瀬田南大萱町1740-1)
    ◇記念講演会

    演題:「近江と芭蕉~琵琶湖に魅せられた俳聖~」

    講師:滋賀文学会会長・フォトエッセイスト 岡本 光夫 氏

     

    ※入場無料。定員50名。事前申込制。 

    電話(077-523-7146)かメール(awaumi@biwako-arts.or.jp)からお申込みください。

    申込期間:10/24(土)~11/6(金)

  • ※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、表彰式および記念講演会は中止になる場合があります。ご来場にあたっては、びわ湖芸術文化財団のホームページ等で事前の確認をお願いします。

    ※ご来場の際はマスクをご着用ください。

    ※発熱または風邪の症状のある方のご来場はお断りします。

     

    お問合せ先

    (公財)びわ湖芸術文化財団 地域創造部 tel 077-523-7146 

お問い合せ先

公益財団法人 びわ湖芸術文化財団 地域創造部 TEL 077-523-7146 FAX 077-523-7147

インターネットからのお問い合せ