【公演中止】おうみ狂言図鑑 2020

滋賀県アートコラボレーション事業

2011年から茂山千五郎家の協力を得て、滋賀県を題材にした新作狂言を制作し、現在までに9つの作品が生まれました。
今回は、この「おうみ狂言図鑑」コレクションの中から、人気の高い2作品をアンコール上演します!

 

★「おうみ狂言図鑑2020」日野公演、東近江公演の中止について

★「おうみ狂言図鑑2020」長浜公演の中止について

 

日時・場所・演目(全4公演)

A 2020年2月22日(土) 14:00開演(13:30開場)

      滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール 小ホール(大津市打出浜15-1)

  [演目] 古典:鬼瓦 / 附子  新作:鮒ずしの憂うつ

 

B 2020年3月1日(日) 14:00開演(13:30開場)中止

      日野町町民会館 わたむきホール虹(蒲生郡日野町松尾1661)

  [演目] 古典:棒縛り / 蝸牛  新作:安土城ひみつ会議

 

C 2020年3月7日(土) 14:00開演(13:30開場)中止

      東近江市てんびんの里文化学習センター(東近江市五個荘竜田町583)

  [演目] 古典:菌 / 因幡堂  新作:安土城ひみつ会議

 

D 2020年3月28日(土) 14:00開演(13:30開場)中止

      長浜文化芸術会館(長浜市大島町37)

  [演目] 古典:千鳥 / 柿山伏  新作:鮒ずしの憂うつ

 

おうみ狂言図鑑 コレクション Vol.1

「鮒ずしの憂うつ」作 土田英生

このところ”鮒ずし”は毎日憂鬱な日々。近江一の名産品としての自信が揺らぎ始めていたからである。それもこれもニオイのせい。最近では近江牛が名産品として大きな顔をし、可愛がっていたでっち羊羹さえも近江牛の味方に付いてしまった。そこにはるばるやって来たひきわり納豆とくさやの干物。同じ悩みを持つものとして鮒ずしの相談に乗ってやることに…

 

おうみ狂言図鑑 コレクション Vol.4

「安土城ひみつ会議」作 三千院高穂

あの、「本能寺の変」が起きる六ヶ月前、安土城では新年会に参加する織田家家臣が集まっていた。そんな中、最近お館様に嫌われているのではないかと心穏やかではない明智ひでみつは羽柴ひできちに相談を持ちかける。そこへ陽気な宣教師オルガンヒキーノや若いキャリア組の蒲生さとうじが加わり、話が思わぬ方向へ…。やがてはお館様のあらぬ秘密が暴露され…。近江を題材により深く「戦国の大事件」の真相に迫った(妄想した?)パラレル大河狂言。

 

出演

※やむを得ない事情により出演者が変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

 

チケット情報

一般2,000円、25歳未満1,000円

※未就学児入場不可
ACは全席指定、BDは全席自由

発売日:12月21日(土)

 

プレイガイド

  • 全公演取扱い  ローソンチケット Lコード:51485
  •         びわ湖ホールチケットセンター(10:00~19:00 火曜日休館、現金・窓口販売のみ)
  • Aのみ取扱い  びわ湖芸術文化財団インターネットチケット
  • Bのみ取扱い  わたむきホール虹 ほか
  • Cのみ取扱い  てんびんの里文化学習センター  完売いたしました
  • Dのみ取扱い  長浜文化芸術会館、浅井文化ホール、滋賀県立文化産業交流会館 ほか

 

 主催:(公財)びわ湖芸術文化財団、長浜市、長浜市民芸術文化創造協議会、(株)ロハス長浜、東近江市、東近江市教育委員会、(一財)日野町文化振興事業団

お問い合せ先

公益財団法人 びわ湖芸術文化財団 地域創造部 TEL 077-523-7146 FAX 077-523-7147

インターネットからのお問い合せ