中山道鳥居本から分岐し、琵琶湖東岸を経て越前・北陸方面へとつながる道。琵琶湖西岸を通る道は十分に整備されていなかったため、京から陸路で越前方面に行くにはこのルートが使われました。軍事的にも重要な地域であり、長浜城が築かれ城下町が繁栄しました。北国街道は木之本宿から北国脇往還と合流し、北へ向かいます。賤ヶ岳合戦の場となったのはこの街道周辺ですが、近江と越前をつなぐ栃ノ木峠越えの整備が、柴田勝家によって行われたと言われています。
 街道沿いの道標には、観音巡礼や伊勢への道を案内する道標などが多くみられ、多くの旅人でにぎわっていた往時が偲ばれます。鳥居本宿・長浜宿・木之本宿・中河内宿が置かれました。
 一方琵琶湖を活用し、船を使って人や荷物を運ぶ舟運が発達しました。京・大坂からの荷物は大津から船で運ばれるということも多くありました。
Copyrights 2017 近江歴史回廊推進協議会