メニューの終端です。

湖国と文化 編集長エッセイ-編集長 月記-

安土城跡の”駐車場”と”トイレ”

近江八幡市安土町にある安土城考古博物館に取材で行った折、近くにある安土城跡まで足を延ばしてみました。以前に、有料・無料駐車場問題が新聞報道されていたのを思い出し、「その後」を確かめに行ったのです。

問題とは  

安土城跡の正面には近江八幡市営の有料駐車場がありましたが、そのすぐ横に同城跡を所有・管理する摠見寺が無料駐車場を造ったのです。その結果、観光客は当然、無料の方を選びます。そこで困った市は対抗措置として無料駐車場の利用者に対してトイレ利用を断るといった内容でした。新聞の論調は「市の税金を使ってトイレや駐車場を造った市の気持ちも分かるが少し大人げない」という事でしたが、無料駐車場を造った寺側の態度も「立派だ」とほめてもおらず、寺と市の関係がうまくいっていないとの印象を強くうかがわせる内容でした。
今回、訪ねてみたところ、駐車場は寺、市営とも無料になっており、有料・無料問題は解決していました。
ところが、もう一つの「トイレ」。駐車場付近から安土城跡正面のチケット売り場にかけての広々とした空間のどこにも「トイレ」らしい建物や標識が見当たらないのです。さらに注意して見ると、どうやら、駐車場の横にある市のガイダンス施設「城なび館」(有料で大人200円)の中にあるらしいのですが、積極的な表示はしてありませんでした。
一方、安土城跡の方はというと、チケット売り場に近付くにつれ、「安土城跡は国の特別史跡である為、トイレの施設はありません」「トイレのあるガイダンスと当山とは無関係である事をご承知おき下さい」などと掲示がしてあり、さらにチケット売り場入り口付近に「特別史跡の為、文化財保護法に基きトイレを造る事ができません。ご承知の上入山願います」と重ねて注意を喚起してありました。
これでは、トイレに行きたくなった観光客はどうしたらいいのでしょうか。

寺側が掲示していた「文化財保護法」について、滋賀県文化財保護課の城郭調査事務所(安土町)に伺うと、「史跡保存が最優先されるため、新たにトイレを造るなどの現状変更は基本的に認められない」でした。もちろん、史跡内で生活をしている場合、生活に支障がないようにトイレ等は認めることになっています。安土城跡の場合、郭跡や大手門跡がある山裾の部分が「グレーゾーン」で、トイレを建てるとすればこの山裾になりそうで、近江八幡市も現在地にトイレを備えたガイダンス施設を新設しています。このトイレを誰でも自由に使えたら問題はないのですが、「有料で目隠しをしている。この辺が問題で、善し悪しの判断は難しい」と城郭調査事務所では話していました。

安土城跡はいうまでもなく文化財の「1級資料」で、その歴史に触れるために全国から人々が訪れます。郷土や寺の誇りといえます。そして安土城跡の一部は戦前から、そして戦後は国や県の手によって大々的に発掘調査や整備事業がされた、広大な城郭遺跡(入山料大人700円)です。こうした状況を考えると「トイレ」は必然だと考えるのですが、どうでしょうか。

2018年3月29日
安土城跡の”駐車場”と”トイレ”
2016年7月6日
観音さまを守るこころを取り上げた「湖国と文化」夏号 今夏の東京藝大大学美術館展のショップにも置かれる
2015年4月9日
事件報道について思うこと
2014年8月1日
旧聞 駅と電話でつながらないこと
2014年7月11日
何でもランキングから滋賀を考える
2014年3月12日
抵抗感じる伊吹山「入山料」導入
2013年12月27日
正倉院展で出会った奈良朝「滋賀県人」の痕跡
2013年10月23日
瀬田唐橋は天下の名橋 11月12日に唐橋で読者交流会
2013年9月27日
全国から人が訪れる高月の観音めぐり
2013年9月3日
未来に生き残るのは活字
「湖国と文化」は滋賀の魅力ある文化を発信する季刊誌です。

仕様

  • 判型:B5判
  • 発行:年4回
  • 定価:630円(送料別途)

定期購読・バックナンバーのお申し込み

  • お申し込みフォーム

FAXによるご注文

  • 申請書をダウンロードして、必要事項ご記入の上、FAX送信して下さい。
  • 申し込み書(PDF 112KB)
  • 送信先 077-523-7147

 

ページの先頭へ